転職求人サイト比較ならここで決まり!!仕事探しの決定版!!

転職・求人サイト比較人気ランキング【おすすめ】

パートでも高時給な職種としての薬剤師

読了までの目安時間:約 3分

 

薬剤師とは、医療用の医薬品の取扱い及び調剤や市販の不特定人を対象とした医薬品の取扱い及び販売並びにそれらの医薬品を利用者等に対して扱う際のコンサルティング業務を行うことができる国家資格です。この資格は、薬科大学を六年間修学して卒業することによって合格率が高い試験を受験できるようになり、合格することによって薬剤取扱いの権利が付与されることになります。
この資格ですが、取得した場合は医療機関内で薬剤の管理や調合、患者に対して適正な薬剤使用をすることが出来るようになります。医療機関内で必置となっており、不在となった場合は薬剤を患者に手渡したりできなくなります。ドラッグストアにおいては、薬剤師がいれば店舗運営が可能となり、薬店を独立開業することも可能となります。
市販の不特定多数人を対象とした医薬品ですが、第一~第三類の医薬品及び要指導医薬品が在ります。第二及び第三類については、登録販売者(薬科大学以外であっても、ドラッグストアで一年以上薬剤の取扱いをすることによって受験資格が付与されるもの)でも取扱いできますが、第一類並びに要指導医薬品という市販であるものの効能が強めのものについては薬剤師がいなければ取扱いはできないとされています。
薬剤師のいるドラッグストアにおいては、第一類及び要指導医薬品の取扱いをすることもできます。これらの医薬品に関する説明については、書面を交付して分かり易く利用者に説明しなければなりません。そのため、かなり高度な知識が必要となるため、薬剤師の国家資格取得者は注目されるようになります。
薬剤師ですが、パート勤務であっても日収は一万円以上となることがあります。パート勤務だと、一日の労働時間は四時間位となるでしょう。時給ですが、薬剤師の有資格者であれば一時間あたり三千円位になることが多いです。
薬剤師のパート求人については、ドラッグストア等で見掛ける事が在ります。ただ、より確実に就労をしたいのであれば、専門の人材紹介会社に登録をした方が無難となります。専門の人材紹介会社だと、有資格者の職場復帰セミナーをしたり、求職者の希望に合った案件を紹介してくれる事が在るので特に注目されています。

薬剤師の資格があれば仕事には困らないと思います。

読了までの目安時間:約 2分

 

薬剤師の資格を持っていれば、仕事に困ることは無いと思います。特に女性の場合は、子育てが終わって、何か仕事をしたいと思うような場面も多いと思いますが、通常のパート仕事と比較しても、時給は全然違います。高齢化社会が進行して、セルフメディケーションなる言葉が流行している今、街のあちこちにドラッグストアが開店していますが、必ず「薬剤師募集」の表示があります。さらに、有資格者として、職場でも優遇されています。
私の長男が幼稚園の時に、お友達のお母さんが薬剤師で、当時は病院に隣接する薬局の職員として勤務されていました。その後、体調を悪くして、しばらくは専業主婦をしていたようですが、薬剤師の仕事を再開するときには、多くの薬局やドラッグストアから依頼があったそうです。勤務時間も本人の意向を尊重してもらえたそうですし、普通では考えられないような待遇です。薬剤師は、大学を卒業して取得する国家資格ですし、通信教育で取得できる訳でもありませんから、それも納得できる感じです。今では、薬学部は6年制になり、以前よりもさらに取得が大変ですから、今後はますます貴重な資格になってくるのではないでしょうか。景気に左右されることもありませんし、流行も無関係です。看護師さんのように体力を使う訳でもありませんから、長く仕事も続けられるでしょう。この資格は、今の社会では最も必要とされている資格の一つであることは間違いないと思います。

薬剤師は楽な仕事?

読了までの目安時間:約 3分

 

薬剤師と言うと、薬局や病院で、白衣を着て勤務しているのが思い浮かびます。
別段、雨に濡れるわけでもないし、冬は暖房、夏は冷房で快適な職場に見えるので、
一見すると楽な職場のように見え、薬剤師を志望する人も多いと聞きます。

ですが、実際の薬剤師は、外から見て見るのとは随分違うハードな仕事のようです。
まず、第一に薬剤師は、基本全てが立ち仕事です。
そうして、見ると、どの薬剤師が活躍している現場でも座っているのは見た事がないですね。
1日中、立ちっぱなしで歩き回る職場というのは、かなり体力的な負担が大きいです。

それから、薬の調合も神経を使う仕事です、処方の通りに僅か1gであっても
処方を間違うだけで生命に関わる事になるかも知れません。

この間違いがあってはならないという重圧は、薬剤師の重い負担になっています。

もうひとつ、薬剤師には薬の説明責任というものがあります。
何度も同じ薬をもらっている患者さんと違い、最初に来る人には、
根気良く、薬の効能について説明しないといけません。

しかし、中には、高齢の方も多く、説明が一度では伝わらない事もよくあります。

それでも、根気良く分かるまで説明するのには、コミュニケーション能力も必要です。
この事で日々、悩みを抱えている薬剤師も少なくありません。

それから、薬剤師は、細かいセクションに別れて仕事をしているので、
常に連携をとる同僚が限られていきます。

つまり、人間関係に支障が出てくると仕事も行き詰ってしまうのです。
また、薬の世界は新薬が登場したり、従来処方していた薬に深刻な副作用が出たりで
薬の入れ変わりが激しい現場でもあります。

もちろん、このような薬の変更も毎回、頭で覚えないといけません。
一度、覚えれば慣れでやっていけるのではなく生涯薬について学ぶ気持ちがないと
薬剤師を続けるのは大変なのです。

それでも、プロフェッショナル意識で病気に苦しむ患者さんの負担を軽減しようと
頑張っているのが薬剤師なのです。

薬剤師はこれからますます活躍が期待できます

読了までの目安時間:約 3分

 

芸は身を助けると言う言葉がある様に、何か一つでも資格や技能を身に付けておくと、人生の中でとても役に立つ事が多いものです。
昔は大学を卒業すれば簡単に就職をすることが出来ていましたが、今では大学を卒業している人は珍しくはないので、大学を卒業しても決して就職に有利に運ぶことはなくなって来ています。
こんな時代だからこそ、資格や技能が物を言うのです。
ですが資格や技能とは言っても、何でも良いと言う訳ではないのです。
社会で高く評価されている資格や技能でなければ、持っていても価値を生んではくれないのです。
社会で高く評価されている資格は色々な物がありますが、その中に薬剤師の資格があります。
薬剤師と言うのは社会の中の隅々にまで浸透している、各種薬剤を取り扱うことが出来る資格です。
薬剤師の資格があれば、薬剤を扱っている場所で資格を生かして働くことができます。
薬剤と言えば医療機関だけと思ってしまいがちですが、他にも様々な場所で薬剤は使われているのです。
工業製品を作るにしても、化学的に合成されたものを作るにしても、薬剤は必要になります。
ですから薬剤師は、工業分野や化学分野でも活躍することが出来るのです。
またドラッグストアや薬局などの、薬剤の小売り分野でも働くことができます。
薬品の需要は、高齢化社会や生活習慣病に掛かる人の増加などで、年々伸びて来ています。
ですから薬剤師は、今後ますます活躍の場が広がる事になるのです。
また薬剤師の資格を持っていると、正社員だけでなく、アルバイトやパートとしてもかなりの収入を得ることができます。
ですから育児などでフルタイムで働けない女性でも、気軽に働くことが出来るのです。
女性は結婚や育児などで退職してしまう事が多く、それらがひと段落しても復職が難しいものです。
ですが薬剤師の資格を有していれば、アルバイトやパートでも高い収入を得る事ができますから、復職が出来なくても高い収入を得る事は出来るのです。
薬剤師の資格は社会で広く高く評価されていますから、将来の為に取っておいて損になる事はない資格の一つだと思います。

薬剤師さんはやっぱり居てくれると安心

読了までの目安時間:約 3分

 

私は体が弱く、小さい頃から病院にはたくさん行っていました。特に小学生のころは月に一度は高熱が出ていて、お医者さんにはかなりお世話になりました。
そんな私が小学3年生ごろ、医薬分離になり、家から一番近い地元のクリニックも薬局が併設されるようになりました。薬剤師さんというお仕事が私たちの身近になったのもこのころからではないでしょうか。
地元のクリニックは、元々とても混むところだったのですが、薬局が併設されて混雑が解消されると思いきや逆に待ち時間が増えるようになりました。こうなるともう病院に行くだけで一日仕事になってしまいます。そして、薬剤師さんも医者の言うことと同じことしか言ってくれないので、当時の私は正直必要ないのではないかと思っていました。

そんな私も、中学生になると親元を離れて寮生活をすることになりました。しかし生活スタイルが変わっても虚弱体質が改善されることもなく、私はまた病院のお世話になることになりました。中一の私は、一人で病院に行ったこともなく、体調が悪くなるとつきっきりで誰かが看病してくれるわけでもないので、自然と薬剤師さんとの会話がよりどころになっていきました。
お医者さんは診察時間があるから、そんなに長くは私一人に時間を割くことが出来ないのですが、薬剤師さんは割とゆったりとお話しすることが出来てとても支えになりました。
お昼過ぎに病院にかかって薬を出されたとき、朝の分を今飲んでいいのか、そのあとの薬は何時間あけるか、などなど今考えるとわかっていて当たり前のことも、中一の私には不安がいっぱいで、薬剤師さんに聞くことが出来るととても安心感を覚えました。

また、最近の話で薬剤師さんが居てくれてよかったと感じたのは、漢方を処方されたときに、漢方専門の薬剤師さんにいろいろとアドバイスを頂けたことです。
診療所の先生が漢方を出してくれたのですが、先生自体は漢方医ではないので、私の質問したことに全部的確に答えることが出来ず、薬局で漢方専門の薬剤師さんにたくさん質問で来て本当に助かりました。

1転職サイト選び

人気の優良サイトのみご用意しました。対応エリアや、サポートなどからご希望の転職サイトを選びましょう

2無料会員登録

転職サイトで無料の会員登録を行います。
各サイトによって特徴があるので、3社以上のサイトに登録することで理想の求人に出会う確率UP!

3電話登録確認

サイト上で無料登録を行うと、担当のコンサルタントから登録確認の電話があります。ここで簡単に希望条件等を伝えておくと、求人の紹介がスムーズに!

4相談・求人紹介

専任コンサルタントに条件を伝え、納得のいくご希望に合った求人情報を紹介してもらいましょう。 会社によっては応募書類や面接のサポートも!

転職成功 \(^■^)/
医師転職求人第1位
看護師転職求人第1位
薬剤師転職求人第1位